ウォーターサーバーは家庭には必要なものではなくて生活を豊かにしていくものです。

 

定期購入が必要なのがデメリットだったり解約時にお金がかかってしまうのが少しネックですが、飲みたいときに冷たい水やお湯が出るというのは非常に生活が快適になります。

 

使ってみるとかなり便利なのでウォーターサーバーの需要は最近ではかなり増えてきています。

ウォーターサーバーの水はどんなの?

 

ウォーターサーバーで飲むことができるのは、天然水やRO水など、いろんな種類があります。

 

中でも、水は特殊なろ過処理を行うことで水道水の不純物を取り除いているから、安全性も高いです。

 

このことから都市部など水道水を飲めない地域の方、ぜひともお試しいただけるといいと思われます。

 

温水・冷水どちらも選ぶことができるから、ストレートで飲んでも、沸かして飲んでも美味しいです。

 

ご飯を炊いたり、コーヒー・日本茶を入れたりした時に、サーバーの水の美味しさの違いに気付くって人も多いです。

 

ウォーターサーバーの各会社も採水地を厳選するなどして、ユーザーに良質な水を提供すべく、しのぎを削っています。

災害時にも活躍する

電気が無ければウォーターサーバーは機能しませんが、災害時などいざという時に水のタンクの役割を果たすことが出来ます。

 

ウォーターサーバーで飲める水には塩素は含まれてませんが、ボトリングする時に雑菌や不純物の除去が徹底して行われていますので、水質をキープしたまま長期間の保管出来るところも災害時に役立つポイントです。

 

新しいものはストックに回し古いものから順番に使用するようにすれば、非常時には大きな助けになります。

ボトルの保管は大変?

ペットボトルは箱買いすると置き場所をどこにするのか悩んでしまう人も多いでしょう。

 

ウォーターサーバーでもストックのボトルを保管しておく場所は幅は取ってしまいますが、どうせ消費するのであればウォーターサーバーのボトルの方が要領よく収納することが出来ます。

 

何故ならペットボトルに比べてデッドスペースを作らずに収納することが出来るからです。

 

それに一度ペットボトルの栓を開けたら飲み終わるまで冷蔵保存しなくちゃいけないから、冷蔵庫内にもスペースも開けておかなきゃいけません。

 

ウォーターサーバーなら、本体を置く場所さえ確保できれば、いつでも冷めたい水が飲めます。

 

ウォーターサーバーには、クリクラやアクアクララのように飲み終えたボトルを回収してもらうガロンタイプと、コスモウォーター、フレシャス、プレミアムウォーターのようにゴミとして処分するワンウェイタイプがあります。

 

空になったボトルを置くスペースがないという人には、ワンウェイタイプがおすすめです。

 

ワインウェイタイプのボトルは小さく潰せるようになっていているから、ペットボトルと比較するとゴミもかさばりません。

定期購入はデメリットとは言い切れない

配送や買い出しなど、お水の確保に関する違い、ペットボトルはコンビニやネットショップで気軽に購入可能だけど、こまめに買い足さなければなりません。

 

店で購入した場合、水を家まで持ち帰るのは重労働です。

 

その点で通販は便利かもしれないけれど、注文から受け取りまでにタイムラグを考慮しなくちゃならないので、ちょっと面倒だと感じる人も多いと思われます。

 

通販で届いた水は常温なので、冷たくして飲みたい時は、冷蔵庫に入れてしばらく待つ必要もあるから、少々面倒がかかります。

 

ウォーターサーバーは、導入したら定期的にボトルが届くから、うっかり注文するのを忘れて困るなんてこともないから安心です。

 

お水をセットすれば常に水が冷えた状態でキープされているから、いちいち注文する必要もないし、いつでも美味しい水を飲むことができます。

 

更に、本体を置く場所さえ確保できればいつでも冷めたい水が飲めます。

まとめ

生活していく上では必要性という面でははっきり言って無いですが、生活を豊かにする物っていう面ではかなり必要です。

 

いつでも冷水や温水が出ることが非常に便利でありながら災害時にも役に立てるので、家にあって損はないでしょう。

 

ちょっとウォーターサーバーに興味が出てきた方は下の記事をお勧めします!

 

おすすめの記事